HOME  >  

環境に関する方針

環境に関する方針

環境に関する基本方針

当社の親会社である積水ハウス株式会社は、住宅業界初の「エコ・ファースト企業」として環境省から認定を受けています。

当社は、その積水ハウス株式会社が掲げる「サステナブル・ビジョン 」に基づいた“サステナブル(持続可能な)社会の実現”の一端を担うべく、「環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)」へ配慮した不動産投資運用を行い、積水ハウス・レジデンシャル投資法人の基本理念の一つである“J-REITを通じた高品質な住まいの提供”の実現を目指します。

具体的には、当社は企業の社会的責任を自覚し、以下のとおり、サステナブル・ポリシー及び目標を設定し、事業活動全般を通じてこれらを遵守・実行します。

また、サステナブル委員会を設置し、遵守状況及び実施した施策の効果測定を定期的に行います。

サステナブル・ポリシー及び目標

1.環境関連の法令・諸規則の遵守

環境関連の法令及び諸規則に関する知識向上を目的とした社内研修を行うとともに、環境関連の法令及び諸規則を遵守し、サステナブル社会の実現に向けた不動産投資運用を行います。

2.省エネルギー対策

積水ハウス・レジデンシャル投資法人保有物件のエネルギー消費量の計測・管理を行い、省エネルギー対策へ向けた取組みを積極的に推進します。具体的には、積水ハウス・レジデンシャル投資法人保有物件における照明設備のLED化を段階的に進め、電気使用量及び温室効果ガスの低減を目指します。

3.資源の枯渇への対策

限られた資源の有効活用や省エネルギー対策を通じ、資源の枯渇への対策に積極的に努めます。具体的には、流量制御弁や節水シャワー等に代表される節水機器の設置を段階的に実施し、水道使用量の低減を目指します。

4.生物多様性への取組み

積水ハウス株式会社が推進する“5本の樹”計画 に基づき、生物多様性に配慮し、地域植生を踏まえた樹種を基本とした植栽等の維持・管理を推進します。

5.情報公開

環境活動への取組みを定期的にモニタリングするとともに、サステナブル・パフォーマンスを積水ハウス・レジデンシャル投資法人ホームページ等を通じて公開します。また、DBJ Green Building認証等の外部評価機関による評価を継続して取得します。

6.保有物件の存する地域への貢献

災害発生時においても、ご入居者様が安全・安心に暮らすことができる設備の設置を推進するとともに、災害発生時にその設備を近隣にお住まいの方々にも開放することにより、積水ハウス・レジデンシャル投資法人保有物件の存する地域への貢献に努めます。

ページの先頭に戻る